LTOxVIDT • 協働そしてバーン

ブログ 🇯🇵 - LTO Network Published on: Jan 09, 2021 Last updated: Jan 09, 2021

LTOトークンの買い戻し&バーン


偉大な合併を祝福してコミュニティを維持するために、LTOはVIDTと共に買い戻し&バーンを実行します。VIDTトークンを買い戻すごとに、LTOトークンは買い戻されます。同様にVIDTトークンがバーンされるごとに、LTOトークンもバーンされます。

LTOトークンの買い戻し&バーンプログラムは今月から開始されます。

また、VIDTトークンの毎月の買い戻し&バーンは、バリデーションに使用されたトークン量に応じて行われます。

  • バリデーションに使用されたトークンの10%が取引所から買い戻されます
  • バリデーションに使用されたトークンの20%がバーンされます

LTO トークンの買い戻しとバーンは、VIDT トークンのそれとの比率が 1:1 になるように設定されます。このトークノミクスの目的は、プロジェクトとそのトークン保有者のインセンティブを調整することです。

2020年12月にVIDTは37,271VIDTトークンを買い戻し、74,542VIDTトークンをバーンしました。

今年の1月には、VIDTトークンと同じ数字をLTOトークンで買い戻し、バーンします。


トークンバーンの透明性レポート

Crowd sale burn — 39,267,891 LTOがバーン

Bridge Troll burn — 7,340,641 LTOがバーン

Foundation wallet burn — 50,000,000 LTOがバーン

Deflationary fee burn — 1,000,000 LTOがバーン

LTO Total supply / LTO Circulating supply

しかし、なぜこの取り組みがコミュニティやトークンホルダーにとって重要なのでしょうか?

通常、単にマーケティングのためだけに行われるパートナーシップとは異なり、私たちは実際の企業やインテグレーターと協力して、ネットワークへのキャッシュフローを増やしています。インテグレータは実際にLTOやVIDTを購入してネットワークを利用しています。これにより、両トークンは実際の実用性と価値を得ています。

より多くのインテグレーターやソフトウェア会社をオンボードすることでネットワークの利用率が高まりキャッシュフローが増加するでしょう。


Website | Telegram | Twitter | Reddit | LinkedIn | Documentation


Takeshi

Japanese Community Manager